見積書のチェックポイント

価格は誰もが気になるポイントの一つです。

やはり見積もりで最初に目がいくのは、
「これ、全部でいくらかかるの?」ではないでしょうか。
同じ塗装工事内容であれば、安いに越した事はありません。
しかし、価格の安さには必ず理由があります。

使っている機材、設備、素材のグレードが低かったり、
未熟な職人さんを使っていたりなどなど安い理由は様々です。

だからと言って、「安かろう悪かろう」だから安い業者はやめた方がいいですよ。
という話がしたいのではありません。

見積もり書ですが、総額いくらとうことだけしかチェックしない方が大半です。
理由は見ても良く分からないからというのが多いようです。

正式な見積書を出してもらったら、最低でも下記のチェックをすることが大切です。
見積書は、図面、写真、お客様のご要望、劣化状態などの情報を元に、すべての必要コストを計算して算出されます。
ですので、全部で幾らかかるのかという総額だけではなく、内訳もどの部分がどの項目にあたるのか?
というように、具体的に見積書の詳細をチェックする必要があります。

必要工事と見積もり書のチェック
見積もり書は、必要工事を元に、すべての必要コストを計算して算出されます。
ですので、必要工事のどの部分が、見積もり書のどこの項目にあたるのかをチェックしてみて下さい。
単価、数量を比較する
例えば屋根全体を塗り替える必要がある場合、塗装業者によってm2当たりの単価や使用する数量が異なる場合や塗装工程そのものが違う場合などがでてきます。
見積もり書に対する説明

見積もり書を出してもらったら、その見積もり書について分からないことや不明な箇所については説明を求めるようにすることが大切です。
これらの事に注意して、きちんとした説明を受けることで後々でこんなはずじゃなかったという後悔や、お互いの考えのずれなどを未然に防ぐことが出来ます。

そして
「一式」という表現に注意しましょう。
見積もり書の中に、「一式」という表現があったらチェックが必要です。
見積もりは、きちんとした価格の理由があって作成されています。
よって、「一式」という表現があった場合は、「一式と明記されている内容を教えてください」
と塗装業者に言って、きちんと内訳を説明してもらうことが大切です。

以上の点を最低限はチェックしておけば
払わなくても良い金額を払ったり、
追加で思わぬ金額を後から請求されたりするような事態は避けられるでしょう。
工期について

見積もりのチェックでは、「工期」も重要なポイントです。
これに関しては、業者の組織力によるところが大きいのは確かですが、
短納期で受けられたのは、たまたま暇な時期だったとか、タイミングによるところもあるので一概には判断できません。
短納期で完了する業者が良いと言うよりは、
あなたの希望の日までに終わらせる事ができるかどうかで、決めても問題ないでしょう。(何かあった時に対処できるように1〜2日余裕を見ておく事をお勧めします。)

いずれにしても、見積書にある項目に不明な事は残さないようにしましょう。
塗装工事は価格や相場が曖昧ではっきりしない業界です。
ですので、一部の塗装工事業者は曖昧なことを良いことに、
「あまり知識のないお客様」や、「お金を取れそうなお客様」などからぼったくる様な塗装業者も事実あります。
(もちろん、一部の悪徳業者以外は大半が誠実な塗装業者です!)

そういった、信用できない悪徳な塗装業者に、お金を必要以上に請求されないためにも、後から「あれっ?」と思うよう塗装の出来上がりや不具合が発生しないためにも疑問や、不安点もきちんと塗装業者へ伝えることが本当に大切になってくるのです。

本当にあなたのことを考えた良心的で適正な見積りを出す塗装業者さんから、無料、匿名で提案、見積りを受けてみませんか?
⇒無料見積のお申込みはこちらから!

それからご家族でじっくりと塗装工事についてじっくりと考えてみて下さい。
"一括見積もり外壁塗装サポートダイヤル"があなたとあなたのご家族の塗装計画のサポートが出来る日が来ることを願っております。

悪徳業者や素人業者を避けて良心的な塗装業者さんを選んで頂きたいと思います。

まずは資料請求! お見積り集めにご活用下さい!

お急ぎの方はお電話下さい!0120-948-355