外壁塗装の計画で大切なこと

外壁塗装と聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?
お住まいの景観や見栄えなどでしょうか。
たしかにキレイに塗装されたお住まいは見栄えもよく、心地よいものですね。
しかし、外壁塗装は単に見栄えなどを良くするだけではありません!
実は、皆さんのお住まいを守る縁の下の力持ちとも言える存在なのです。

なぜ、外壁塗装が必要なのでしょう?

塗装計画についてお話しする前に、そもそも、なぜ新築時に外壁を塗装で仕上げるのでしょうか?
モルタルのままだと、カッコ悪いから?

確かに、見栄えの点で、塗装を行います。今日では、様々な種類の塗料・工法があり、その仕上げも細かいニーズに合わせてデザイン的に富んだものもございます。

本来の塗装の一番の理由は、外壁に防水機能を持たせるためです。
モルタルだけでは防水性は全くありません。
そこで、表面に塗装を施し、この塗膜が雨水等から建物を守るのです。

そして、建物は、強烈な紫外線や水分・酸性雨、大気汚染物質、地震や台風の振動等の影響をたえず受け続けます。
経年とともに、塗膜は劣化・粉化してきます。汚れが付着し、見栄えが悪くなってきます。

外壁自体もワレが出てきて、鉄部の錆び木部の腐食が発生し、放置すれば建物内部への湿気、水分が浸入し、構造部分(木柱、鉄骨、鉄筋)の老朽化を促進していきます。
そこで、外装リフォーム(ひび割れ等の補修・外壁の塗り替え)が必要になってくるのです。
外壁リフォームにより、新築時の外観の復元、そして定期的に行うことにより、建物のライフサイクルを延ばすことができるだけではなく、外壁塗装を行う事により住宅の資産価値を維持し高めることもできるのです。

モルタルとは
セメントと水とを練り混ぜて作る建築材料。
コンクリートと比べ高価で、クリープ現象などの伸縮を起こしやすいため、構造材料として単独で用いられることは少ない。耐火性の物もある。
かつては日本住宅の外壁材として広く使用されたが、工程が複雑で、施工日数が20日前後かかるため、サイディングによる外壁に取って代わられた。
また施工後に亀裂が入りやすいという欠点があるため、大手ハウスメーカーで標準工法としてモルタル壁を採用するのは極めて少数となっている。
モルタル自体は非透水性であるが、前述の亀裂の問題があるので、施工後に塗装を実施する。

塗り替えの時期は?

どれ位の年数で塗り替えるのがいいのでしょうか?

住宅金融公庫では、「木・鉄3年、壁8年」と推奨しております。
これは、家の木部・鉄部は3年ごと。外壁は8年ごとの塗り替えが、住宅の耐久力を維持する理想的な期間ということです。
一般的に外壁塗装なら、新築後8〜10年。その次の塗装は、使った塗料の種類にもよりますが、10〜15年といわれています。

新築後最初の塗装が8年が理想というのは、モルタルの乾燥伸縮、振動等により必ずといっていいほど、ヒビ割れが発生します(可動クラック)。
これが、8年位経過すると収まってきます(可動停止クラック)。

そして、新築時は上記の事を前提に、ほとんどの場合、耐候性の弱い仕上げ塗料を使っていますので、8年位で、ヒビの補修と外壁の塗り替えを行うのが理想となります。

だた、見栄えということや洋服を変えるように家の雰囲気を大きく左右するのも外壁塗装です。

汚れが目立ってきたからという建物の保護が理由だけではなく、見栄えを良くしたいと言う気分で塗り替えを行う方も実際には多くおられます。
塗りたいと思った時が、塗り替えるタイミングであるとも言えます。

どんな塗料がいいの?
塗料の種類は非常に多く、樹脂の種類等によりその性能にも差があります。
外壁仕上げ用の塗料に関しては、下記の4種類がベースとなります。
一般的にお値段と耐久性は比例します。
フローチャート

塗料のカタログには、必ず上記の分類が明記されてますので、複数の業者を比較する際には、同じ種類の塗料で比べるといいでしょう。
弊社では、匿名のままで一括無料お見積を行っています。下記よりお気軽にご請求ください。

まずは資料請求! お見積り集めにご活用下さい!

お急ぎの方はお電話下さい!0120-948-355

お住まいと長く付き合っていくコツ

外壁塗装は、壁や屋根が「汚れてきた」「色褪せた」など、建物も見た目が悪くなるだけではなく24時間365日、雨・風・紫外線などの攻撃から塗装によって保護・防水を行っているのです。

家を建ててから7年〜10年もすると汚れや色あせが目立つだけでなく、建物を保護・防水機能や新築時の輝きを簡単に取り戻すことができるのが「外壁塗装」なのです。

傷みが進むと塗装では修復できなくなり、建物の壁や屋根などを取り換えるなどの金銭面などの負担が大きくなる場合があります。
早目の外壁塗装を行う事が結果的には大切な資産価値を落とすことなく長く住み続けるコツでもあるのです。
一般的な塗装の耐用年数と簡単なチェック方法

簡単に出来る塗装の耐用年数とそのチェック方法を下記にまとめました。
塗装をご検討中でしたら、ぜひご活用下さい。

傷みが進むと塗装では修復できなくなり、建物の壁や屋根などを取り換えるなどの金銭面などの負担が大きくなる場合があります。
早目の外壁塗装を行う事が結果的には大切な資産価値を落とすことなく長く住み続けるコツでもあるのです。

カラーベスト・コロニアル
耐用年数 6年〜10年
チェック項目 ・色が褪せている
・コケの発生
・反りが出ている
・塗膜が剥がれている
トタン屋根
耐用年数 3年〜5年
チェック項目 ・色が褪せている
・錆が出ている
・塗膜が剥がれている
モルタル壁
耐用年数 7年〜10年
チェック項目 ・手でこすると白くなる
・ヒビ割れがある
・変色している
サイディング
耐用年数 7年〜10年
チェック項目 ・シーリングが割れている
・塗膜が剥がれている
・手でこすると白くなる
・変色している
・カビが出ている
鉄部
耐用年数 3年〜5年
チェック項目 ・サビが出ている
・色が変色している
・塗膜が剥がれている
木部
耐用年数 2年〜4年
チェック項目 ・塗膜が剥がれている
・色があせている
・腐食している

ただし、上記はあくまでも一般的な目安であって、建物の立地条件や築年数、現在使用されている材質・塗料など、様々な条件で左右されます。
従って、単に年数だけで『塗り替え時期』を判断するのは難かしいですが、一つの目安として上記を参考にしていただければと思います。

上記の塗装チェック方法を行ってみて
『うちはもう塗り替え時期に来ている』と思われた方も多いかも知れませんね。

まずは資料請求! お見積り集めにご活用下さい!

お急ぎの方はお電話下さい!0120-948-355